FXで稼ぐ FXの基礎知識

FXのトレードスタイル

投稿日:

 

FXにはさまざまな取引スタイルがあります。
一つの取引スタイルに固執せず、いろいろな手法を試してみましょう。



長期取引(スワップ派)

長期取引スタイルでは主にスワップポイント獲得を狙うのが一般的です。
スワップ狙いの長期保有はリスクが高い
取引期間は数カ月~数年と長期になりますので、短期、中期の取引に比べて相場の変動が大きくなります。
そのため、レバレッジは低めに設定して、強制ロスカットにならないよう常に相場の動きに注意する必要があります。
レバレッジを1倍にして外貨預金のような取引を行うこともあります。
外貨預金とFXを比較した場合、FXのスワップポイントの方が金利収入が多くなることがあり、取引コストもFXの方が低いため、外貨預金よりFXの方がはるかにお得といえます。

中期取引(スイングトレード)

【スイングトレード】とは、数日~数週間にわたりポジションを保有します。
短期トレードよりも期間が長くなるので、大きな利幅を狙うことが多くなります。
スイングトレードではテクニカル分析を重視しますが、期間が長くなる場合はファンダメンタルズ分析で相場の流れを把握することも必要になります。

短期取引(デイトレード・スキャルピング)

【デイトレード】とは新規注文をしてから翌日までポジションを持ちこさない1日程度の取引です。
【スキャルピング】はデイトレードよりもさらに短い数秒から数分単位で頻繁に取引を繰り返して、小さな利幅を積み上げるスタイルです。
短期取引ではその日の内に決済するのでリスク管理がしやすいということと、ポジションをホールドすることで生じるストレスの心配がないというメリットがあります。
短期取引のデメリットとしては、短期売買の繰り返しで手数料(スプレッド)がかさむことと指標時などはスリッページ(すべる)が発生することもありますので、FXの業者選びが超重要になります。
また短期取引では、通常よりレバレッジを高く設定して取引することが多いため、利益確定と損切りを素早く判断する必要があります。
初心者におすすめは実はスキャルピング
今まで初心者は長期取引でのスワップ狙いが主流とされてきましたが、現在の激しい相場では、短期取引の方が安全という意見もあります。

>FX業者の選び方

ピックアップ情報

-FXで稼ぐ, FXの基礎知識
-

Copyright© サラリーマンOLのネット副業入門 , 2020 All Rights Reserved.